[霜の花]ができました

今年も“霜の花”ができました。

里山が氷点下になるほど寒い日の朝に、シモバシラという植物にみられる自然現象です。今朝は30㎝近く見事に立ち上がっていました。その様は 『冬の自然の芸術作品』 と言える程、神秘的で美しいものです。天候に左右されるものなので必ずみれるとは限りませんが、冷え込みが予想される朝に足を運んでみてはいかがでしょうか。

通常入園時間は9時からですが、『霜の花鑑賞』(12月15日~1月5日)の期間中は、事務所にお声をかけて頂ければ8時からでも入園出来ますので、お気軽にお声をかけてください。尚、気温が上がり始めると形が変わったり溶けてしまったりする場合がありますので、ご了承ください。

 

H.29.12.10 早朝撮影


2017年12月10日掲載